FC2ブログ

やっとこさ、秋しか取れない「赤イカ」の始末が出来ました

こんにちは

ここのところ、秋らしい晴天が続きます
でも明日、あさっては山陰は「くもり」だそうですが、
最近の天気予報は今日の予報も当たりませんから
案外と「晴れ」かも・・・・

やれやれ、やっと干し物のメドが付いたので、
あと残るはかにシーズンに刺身で出す「赤イカ」だけ
だったのですが、その赤イカもこの数年来不漁続きで
今年もほとんど釣れなかったようです

当然、値段もすごい高いのですが、これが無いと
冬に刺身に困るので目をつぶって買いました


赤イカさくつくり2

これが赤イカ、または「ソデイカ」という
ドデカいいかです
メジャーを置きましたが、90㎝です
これを合計5本買いました

こんなにどうするかって⁇
冷凍するんですよ!
このイカは普通は鮮度のいいのが美味しいと
相場が決まっていますが、これは生はあまり
美味しくないです
一度冷凍してから解凍すると
甘味が乗っておいしいです


赤イカさくつくり1

まさか「丸」のまま冷凍しませんよ!
こういう風に皮をはいで「柵造り」にしてから
冷凍するのですが、これが結構大変です

表の赤い皮の方は力まかせにはぎ取ったらOKですが、
裏側にある薄皮を取る時は、竹串で丁寧に取ります

この薄皮取りをちゃんとしておかないと、食べた時歯に当たって
違和感がありますから、作業に時間がかかります

こんな風にして冷凍します

11月からのかにシーズンの夕食には
刺身の盛り合わせの1品に出します

出来たらイカを食べる際に
「ア~ア、旦那さんが手間をかけて作ったんだナァ」と
味わっていただけたら最高です

ご訪問ありがとうございました
応援、よろしくお願いします

スポンサーサイト



干しカレイ第2弾

山陰の天気がいいのは今日金曜まで
明日は雨模様だそうです

なんでもいいから何か干し物をしたいので、
今朝のセリでは地元では「ヤマガレイ」、とか
昔は「ベランス」とも呼んでいるカレイを買いました

「アレッ!これってもしかして「笹ガレイじゃあ⁇」と
一見間違うカレイです

昔旅行先で「笹ガレイ」の表示のあるこのカレイの
干物を売っていたドライブインがありました
素人さんなら納得して買うでしょうが、こっちは
魚のプロなので見間違うはずはありません
そこはつい最近閉店しました


ヤマ1


拡大してもその違いがわかりますか?
でも味は抜群です
このカレイは煮付けが最高ですが、
干してもよく食べます

このカレイですよ
この前家内にはんぺんにしてあげたカレイは!

沖ギスもあったんですが、サイズが小さくて
やめました

袋に詰めたので、ご希望の方には
お売りします

ただ、私一人で孫の世話をしながらの手造りなので
売り切れゴメンです

やっと干しカレイが出来ました

毎日、毎日セリに出ますが、ちょうど頃合いの
大きさのカレイがありませんでしたが、やっと
ハッポーケース3箱だけ有りました

値段は、すんごい目を剥く程高かったのですが、
目をつぶって買いました


干し2


干し2

取りあえずはお売りする分をいくらか造りました
また今朝もセリには顔を出しますが、
何と
4隻帰って たった22ケースしかありません

今年ほどカレイが不漁の年はかって無かったです
これもコロナの影響かな

GOTOトラベル地域共通券使用店舗に登録しました

何がどうなっているのか
GOTOトラベル申請、
第3者機関登録、
地域共通券の登録申請、
共通クーポン取扱店の登録

と、次から次へと申請、許可
申請、許可と事務が煩雑で大変です

今日、クーポン取扱店の認可が出ました
(申請したら全部に許可されるでしようけど)
一般のお店とは違いますので、旗や
ポスター掲示は外にはしません

あくまでお泊まりになった方のみが対象です
松葉がにの代金にも使えます

今や秋の風物詩になりました

スルメ干しと言うと、以前は夏の風物詩みたいだったのですが、
今は秋の風景に代わりました

ここ数年前から夏のスルメイカが大、大不漁で
イカは1年魚で、冬に暖かい南海上で生まれたイカの
赤ちゃんが対馬暖流に乗って北上し、一部は日本海に
入って来ます

梅雨の時期に一雨毎に大きく成長し、最後は北海道沖合い
に到達します

水温の関係なのかどうかは知りませんが、ここの所、
スルメイカはおろか白イカも秋の赤イカも
サッパリです

そんな中でも浜坂のついこの間竣工したばかりの
「第一幸栄丸」と僚船の「幸栄丸」の2隻が青森県沖合いまで
イカを取りに行ってくれて、つい数日前に1ヶ月半ぶりに
帰港しました

数が無いので、無茶苦茶高かったのですが、
いくらか入札で仕入れました

ただし、「スルメ」としては高すぎて売れないと思うので、
今干したのは「スルメの麴漬」にする
為のスルメです

するめ秋のするめ1


秋のするめ2


これを1週間位毎日干してイカの水分がなくなるまでカチコチに
干します
固いスルメを細く切って、味醂や酒やその他もろもろと
一緒に付け込んで、食べられるようになるまで最低1ヶ月はかかります

凄い手間と材料費はかかりますが、山陰地方では
昔から冬の保存食として作ってました

家内は亡くなった母親から教わって、
見よう見まねで造り始めました

たくさんは出来ませんが、幾らかはお売り
できるかもしれません
プロフィール

田舎のメダカ

Author:田舎のメダカ
山陰・但馬の浜坂港は知ってる人は知ってるし、
知らない人は知らないけれど、実は「松葉がに」の
水揚げ日本一なんです。
この道35年の私が松葉がにを始め、日本海の魚の
裏話をお教えします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク