FC2ブログ

令和1年の松葉がにの予約を始めました。が、その他もろもろ

こんにちは!

長らくのご無沙汰でした
いつもだと9月のはじめにはHPに予約できるように
掲載するのですが、今年ばかりはそうもいかず
悩んで、悩んでやっとこさ昨日UPしました

増税の事やキャツシュレスやpay払いの事やで
いままでの単なる消費税UPと違って、こんなに
おおじょうしたのは40数年で初めてです

結論から申しますと、
今年もとりあえずは今まで通り「現金のみ」に
させていただきます


カードでの支払いが可能なようには準備は
しているのですが、何せ私は1枚もカードは
持ったことのないおじいさんです

仮に私なら勉強して、おきゃくさんからの
カード払いも出来たと、しても。私はほぼ毎日
セリに出てますが、私が帰った頃には半分くらいの
お客さんはもう出立されてます

家内は、「わたしはとうていムリ、ムリ!」と
のたまわっています
これではせっかく準備したカードリーダーも
宝の持ち腐れです

それに問題なのはカード手数料です
6月までは政府指導で安くなるそうですが、
来年から3.5%もかかります

いろいろ聞いてみると事業所の負担みたいで、
うちのような小さな所では負担が大きいです

結局、その分いくらかお客様に持ってもらうことになります

なので、はまさかの大半の宿がいままで通りで行く
そうなので、とりあえず様子見でキャツシュオンリーに
させて頂きます。
期待されていたお客様には申し訳ございません

次に松葉がにの「2020年問題」について
お話します

去年は過去に例のない「豊漁」で、
かにがどんどん取れてる、というニュースを
覚えている方も有ると思いますが、
豊漁と言っても実は「小ぶりの小さいかに」が
たくさん取れただけの事でして、
大きなかに(600g以上)は例年と変わりませんでした

12月になってから「規定のトン数の85%」も取れて、
年明けはかにが無いかも・・・
そもそも松葉がにの水揚げに規定枠があるなんて
私ら仲買人も知りませんでした

続きは次ページで  ↓
スポンサーサイト



続きを読む

令和1年の松葉がにの早期予約のお知らせ

こんにちは

暑かった夏もお盆を過ぎてようやく落ち着いてきました

さて、今年度の松葉がに予約の受け付けですが、
一応9月1日からの予定にしています

ただ、お馴染み様や団体は早い方で7月頃から
「まだか、まだか」、「せめて部屋の押さえだけでも」と
言ってこられています

ムゲにはお断り出来ませんので、お受けしましたが
その他のお方も大事なお得意様ですから
このブログでお知らせしたいと思います。

ただし、条件がありまして
1、日にち、人数に変更が無い事
2、料金未定(今年は必ず上がります)でOK
3、フルネームでお名前、電話番号をご記入いただける方
をお部屋をお取りさせていただきます

去年して好評だった「予約金」も今年も受付ます
宿泊予定金額の30%未満で、1万円単位でお願いします

特典は予約金の10%のお土産を差し上げます
万が一どうしてものキャンセルの場合はご返金は
11月中旬頃になりますので、ご了承下さい

【振込先口座】
 但馬信用金庫  浜坂支店
 (普) NO.0086798 カトウ ヨシアキ


※ご予約はHPの予約ページからか
 下記アドレスへ。またはお電話かFAXにてお申し込み下さい

メールアドレス
  ryokufuso1950@yahoo.co.jp
☎ 0796(82)0568  FAX 0796(82)3738

松葉がにの終了のお知らせ

こんにちは

11月から始まった「松葉がに」漁はこの20日で
終わります

従って予約受付も合わせて終わります
長い期間ありがとうございました

宿や土産物屋によっては、4月でもOKの
所もあるようですが、かには生きるために
自分の身を減らすので、見た目は
新鮮そうでも身がすいているはずです

我が宿ではお客様への信用第一で
「やっぱりここに来て間違いなかった」と
言っていただきたいので、今月終わりで
かには全て終了します
ありがとうございました

次回は解禁日は11月6日(決定)です
予約受付は9月1日からですが、おなじみ様に
限りお盆明けからしています

ただし、料金未定です
おなじみ様はキャンセルがないので
こちらも安心して早くても受けられます

また次回のご予約をお待ちしています

PS:カードレス化に向けてかにシーズンまでには
  完了したいと思っています

ご訪問、ありがとうございました

松葉がには3月いっぱい大丈夫ですよ

ご無沙汰でした

この冬は暖冬といいますが、
この気候は異常ですね

12月下旬からは雪が積もっていて当たり前の
この山陰で、雪は現在0㎝でrす
チラホラ舞ったのが2度ほど

いいのか悪いのか
海が11月、12月が穏やかで
毎日漁に出られて、
突然、ホントに突然
「実は、かににも漁獲枠があって・・・」
と言う話が漁協から出てきて
私ら仲買人も全くの初耳でした

山陰の松葉がにと北陸の越前がにの
ブランドがににはマグロなんかと同じく
年間枠というものがあって、
12月半ばで85%近くの水揚げですとの事。

「それじゃあ1,2,3月のかには⁇ あるの⁇」
漁協で会議の時に皆の不安は頂点でした

組合長から「大丈夫です。ただし、1月から解禁になる
「水がに」(脱皮後の松葉がに)を今期は禁漁にして
その空いた分を松葉がにに回しますから
漁期はどうやら保てそうです」
それを聞いて私らも胸をなでおろしています

そもそも漁獲枠は以前からあったそうですが、
今まではそれが話題になるほど
取れてなかったというわけですよね

今、船は昼間は「ホタルイカ」を撮って、
夜かにを引きますので、ほぼ毎日水揚げが
あります

安心して3月末まで商売ができそうです

次回は、待った無しのキャシュレス時代の
到来に備えての我が家の準備をお知らせします

ご訪問ありがとうございました

11月6日は松葉がにの初セリでした

今日、11月6日は毎年決まった「松葉がに」の
初セリ日です
この日ばかりは少々海が荒れても、無理をしてでも
開催されます

蛻昴そ繝ェ1_convert_20181106195820 (2)

今日のセリ風景です
17隻全船が浜坂港に入って、セリますから
上屋はまるで戦場のざわめきです
TVも関テレ、NHK等々来て夕方のニュースで
浜坂が流れます

私ら仲買人も大変ですが、セリ人も大変で延々と
5時間余りもセリが続きます

今日からお客さんをしますので、私は4時ころには
帰りましたがセリは真っ暗になるまで続きます

今日の1番がにの値段はここで30万でした
もちろん1枚がですよ
ご祝儀相場でしょうが一体どなたが食べるんでしょうね


ご訪問、ありがとうございました
プロフィール

田舎のメダカ

Author:田舎のメダカ
山陰・但馬の浜坂港は知ってる人は知ってるし、
知らない人は知らないけれど、実は「松葉がに」の
水揚げ日本一なんです。
この道35年の私が松葉がにを始め、日本海の魚の
裏話をお教えします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク