FC2ブログ

松葉がにの豆知識 その4

かにの予約開始まであとわずか、
カウントダウンに入りました

このブログをごらんいただき、
HPのプラン予約からご予約を
いただくと、特典を付けていますので、
ぜひご予約下さい

さて、開始の鉦が鳴る前には
仲買人が1番船の1番がにの周りに
集結して、さぁ始まります

セるのは、浜坂漁協のエース
販売部長です。浜坂漁協ができてから
2代目で、この道ウン十年の年期。

他の漁協では、いろんなせり方があって
小さい黒板に金額を記入し、一斉に
出す所もありますが、我が浜坂では
代々、「指」でさすセリです

セリ上がり、セリ落としの両方ありますが、
声は出さずに指で金額を示します

まず、セリ人が○○○貫!と発声!
高くても落としたい者は指で値を上げて
行きます    が・・・・

さて、この第一声ですよ、
セリ方の販売部長は、昨日の市況や
今朝の他漁港の水揚げ量、天候や寮船の
今の状況他いろいろ情報を集めて、
「値」を付けます

「鬼のかくらん」みたいに、タマに休む
事がありますが、その時他のセリ人がたった
時に、変な値をつけたりすると、こっちも
ベテランですから、「ワッハッハ・・・」と
バカにされますから、
まぁ、キツネとタヌキの化かしあいですかね

売る方も買う方も真剣勝負です
自分の付けた値が正解かどうか
1セリ毎に自問自答します

まず、活がにをセッて、次に並べてあるかに、
セコガニと進んでいきますが、
その合間にセリ落とした活がにの品定めを
やります。
早くしないとその船のセリが済んだら
受付けてくれません

手早く、正確にチェツクします
どの仲買もこの担当は、ベテランが
やります

長いので、続きは次回最終回に・・

ご訪問、ありがとうございました
プロフィール

田舎のメダカ

Author:田舎のメダカ
山陰・但馬の浜坂港は知ってる人は知ってるし、
知らない人は知らないけれど、実は「松葉がに」の
水揚げ日本一なんです。
この道35年の私が松葉がにを始め、日本海の魚の
裏話をお教えします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク